日本温活協会について

概要

「現代の日本人の平均体温は、60年前に比べ約0.7℃下がっていると言われています。

体温が1度下がると免疫を司る白血球の働きが30%以上ダウンし、さらに35度ではガン細胞は最も増殖する性質があるとされています。

基礎代謝を高め、平均体温を上げることが健康維持増進につながります。

また東洋医学では「冷えは万病のもと」と考えられています。
身体の冷えを取りさり平常の状態に保つことにより、未病治(病気にならない身体づくり)を行っていくことができます。

当協会は、西洋医学、及び東洋医学の考えに基づき、冷え症、すなわち基礎代謝・平均体温の低下における生体機能の変化と疾病の関連について調査・研究し、それらを国民が正しく理解できるよう提唱していきます。
さらに、それらの知識について指導をしていく温活指導士(任意資格)を養成することを目的とする。そのことにより国民のセルフメディケーションに対する認識、健康寿命の延伸(健康の維持・増進)に寄与してことを目的とします。

活動内容

美容関連業の方

■健康・美容セミナーの実施

日常の生活の中に、温活を手軽に取り入れて頂けますよう、各種健康・美容セミナーを実施いたします。

温活を『いつでも』、『どこでも』、『自分で』、『手軽に』行えるセルフケアから、お仕事として実践できることを学んで頂き、ご自身とその関係者の方の健康・美容の向上にお役立て頂きます。
 

■より深い分野の講習


店舗運営でより深く、実践できる講座を開催します。
ビジネスとして健康や美容に関する知識や技術を習得できるようにします。
 

■特典のご提供


入会いただいた会員の皆様が得られる各種特典をご提供いたします。
健康・美容に関する各種商品やサービスを、会員特別価格にてご利用頂けます。
 

鍼灸師・鍼灸施設向け

■健康・美容セミナーの実施

日常の生活の中に、温活を手軽に取り入れて頂けますよう、各種健康・美容セミナーを実施いたします。

『いつでも』、『どこでも』、『自分で』、『手軽に』行えるセルフケアから、お仕事として実践できることを学んで頂き、ご自身とその関係者の方の健康・美容の向上にお役立て頂きます。

■より深い分野の講習

店舗運営でより深く、実践できる講座を開催しております。
ビジネスとして健康や美容に関する知識や技術を、習得できるようにします
 

■最新知識・技術の習得

温活及びその他健康・美容に関する各種セミナーを開催します。
臨床現場にて即実践可能な技術・知識、そして接客技術を身に付けることができます。

セミナーの講師は各分野の第一線で活躍する専門家が担当。実際の例を題材にした実践的な内容となります。

学生向け

■エビデンスデータの収集・提供


国内外でこれまでに得られた温活に関するエビデンスデータを収集します。収集したデータをアーカイブ化し、会員の皆様が閲覧・取得可能にします。
また、学術機関・医療機関等と連携し、新たなエビデンス取得のための活動を行います。得られた各種エビデンスデータを会員の皆様に提供します。

■最新情報の収集・提供


温活に関する国内外の最新トピックスを収集し、会員の皆様に提供します。また臨床現場にて活用が可能な最新の機器・器具、検査方法等についての情報を会員の皆様に提供します。

■最新知識・技術の習得


温活及びその他健康・美容に関する各種セミナーを開催します。臨床現場にて即実践可能な技術・知識、そして接客技術を身に付けることができます。

またマーケティング、人事、法務、財務等、施設経営に役立つ実践的な知識を学ぶことができるセミナーを開催します。
セミナーの講師は各分野の第一線で活躍する専門家が担当。実際の例を題材にした実践的な内容となります。
 

健康・美容関連企業向け

■商品開発の支援


温活の技術・理論を活用した商品開発の支援を行います。

■商品への認定マーク授与

一定条件をクリアした商品を認定します。
協会webサイト等にて公表するとともに認定マークを授与します。


■商品情報の紹介

協会のwebサイト、出版物、セミナー等にて企業・商品の情報を紹介します。
セミナー等イベント開催時に企業・商品のプレゼンテーションの場を提供します。


■美容室、エステ、及び鍼灸院等の健康・美容尾関連施設への商品・サービス情報の宣伝


全国の健康・美容関連施設に商品・サービスの情報を紹介し、販路開拓等の支援を行います。

■メディアでの露出支援

テレビ・ラジオ・雑誌等各メディアでの商品・サービス情報の露出の支援を行います。

 

会員について

温活士

●内容
温活に関する基礎的な知識を身につけたもの。

●取得条件
温活士養成セミナーを受講後、温活士認定試験に合格したもの。

●特典
ディプロマの発行、及び協会ホームページ及び各種関連ツールに情報を掲載し、集客及び業務マッチングの支援を致します。

温活指導士

●内容
温活に関する高度な知識及び技術を身につけたもの。

●取得条件
温活士認定試験に合格後、温活指導士養成セミナーを受講し、温活指導士認定試験に合格したもの。

●特典
ディプロマの発行、及び協会ホームページ及び各種関連ツールに情報を掲載し、集客及び業務マッチングの支援を致します。
温活士養成セミナーの講師を務めることができ、収益を得ることができます。

本部指導員

●内容
鍼灸師に対して美容鍼灸の技術指導を行うための高度な知識と指導技術を習得したもの。
協会認定の美容鍼灸セミナー(ワンデー、2日間)を開催し、講師を務めることができる。

●取得条件
温活指導士試験に合格後、本部指導員養成セミナーを受講し、本部指導員認定試験に合格し、理事会で承認を得たもの。
対象者は、健康に関する国家資格取得者で、専門分野での10年以上の実戦経験があるものとする。

●特典
ディプロマの発行、及び協会ホームページ及び各種関連ツールに情報を掲載し、集客及び業務マッチングの支援を致します。
温活士及び温活指導士養成セミナーの講師を務めることができ、収益を得ることができます。

施設会員

健康・美容関連施設(美容室、鍼灸院、整体院、エステティックサロン等)

認定温活商品・方法を提供

賛助会員

協会の活動に賛同する企業

公認トレーナー

温活指導士を養成するセミナーの講師を務めることができる

 

【公認条件】

温活指導士取得者で、公認トレーナー養成セミナーを受講し、試験に合格した者

公認ライセンス校

温活指導士を養成するセミナーを開催することができる

 

【公認条件】

公認トレーナー2名以上が在籍すること

日本温活協会メンバー

代表理事 松山 淳(Jun Matsuyama, M.D., Ph.D. , MBA, CPT-NASM,ABLM)

【  現職  】

Scientific Advisery  Board, 
American Academy of Anti-Aging Medicine(A4M)  
Chief,Anti-Aging medicine,Athena Clinics Internetiopnal(USA)
President & CMO,A4M Japan & Hawaii Medical management Inc.(USA)
Medical Advisory Board,Atopy Care Hawaii,LLC.(USA)
Partner Physician,VitaLife Clinics(Asia)
(広域)医療法人社団松寿会 理事長 グループ統括院長
日本臨床抗老化医学会理事長 
(指導医・学術、治験評価各委員会委員長)
日本オルソメレキュラー医学会理事
日本統合医療学会代議員
日本臨床医学発毛協会会長
日本鍼灸協会 顧問

【 専門分野 】

臨床抗老化医学(アンチエイジングメディシン)統合医療学・病理学

【その他所属学会/認定医など】

日本温泉気候物理医学会(認定医)/日本美容外科学会(認定医)
日本旅行医学会(認定医)/日本癌学会・日本再生医療学会
日本更年期医学会・日本東洋医学会/日本肥満学会・日本小児皮膚科学会
日本皮膚外科学会・日本性機能学会/日本性感染症学会
日本医師会(認定産業医・スポーツ医)/日本体育協会(認定スポーツドクター)
日本臨床スポーツ医学会・/厚生労働省解剖資格認定(病理)
緩和ケア登録医/点滴療法研究会(認定医)
群馬県温泉協会会員/群馬県教育委員会嘱託産業医/警視庁嘱託医 
他複数の企業やクリニック顧問を併任
 

理事 若命 浩二 (Koji Wakame, Ph. D.)

【  現職  】

北海道科学大学 准教授

【 専門分野 】

薬理学、生薬学、栄養遺伝学

【その他所属/活動】

Evidence based nutrition(EBN)推進委員会 委員
International Congress on Nutrition and Integrative Medicine (ICNIM)  幹事
NPO環瀬戸内自然免疫ネットワーク 小動物臨床部会 副部会長
経済産業省認可 自然免疫制御賦活技術研究組合 動物実験委員会 委員

【  略歴  】

北海道薬科大学大学院修士課程修了(1993)
博士(医学) 獨協医科大学(1999)
獨協医科大学非常勤講師(2002)
テキサス大学医学部外科学研究員(2006)
独)医薬基盤研究所客員研究員(2010)
北海道薬科大学准教授(2014)

民間企業:
株式会社アミノアップ化学 研究部、学術部(1994~2014)

【 最近の講演会、著書 】

1.かがわ糖質バイオフォーラム複合糖質・鎖研究会  (基調講演、2017.1)
「Immunopotentiator from Pantoea agglomerans (IP-PA1) の細胞、小動物への応用とその機能性メカニズム解析」
2.第17回 日本抗加齢医学会総会  (ランチョンセミナー、2017.5)
「レスベラトロール含有北欧産サンタベリーの最近の知見-皮膚老化を中心に-」
3.レスベラトロールファクトブック,メジカルビュー社(共著、2016)
4.Clinician's guide to AHCC: Evidence-based nutritional immunotherapy, ICNIM (共著、2016)

相互関係図

協会概要

協会名 一般社団法人 日本温活協会
所在地 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前四丁目4番7号長塚ビル2F
TEL 03-5937-2770

アクセスマップ

PAGE TOP